セネガルはおすすめしたいところですが、、、

はい、セネガルでスリにあって、カードも取られてしまったため現在日本にいる”まるこめ”です。

それで、アジアじゃなくて新しい刺激を求めている人に朗報?です。モロッコやエジプトはすでにバックパッカーに有名な場所かとは思いますが、ここで”セネガル”をおすすめしたいです!

実はセネガルの首都・ダカールには日本人宿がなんと2つもあります!ですので、フランス語・英語できないけど行ってみたい!みたいな初海外の人でも気軽に来れると思います。また、治安も悪くないです。まあ東南アジアと変わらないと思います。

ただ物価はそれほど安くないです。少し高いです。旅行先としてはおすすめしたいのですが、ダカール最安のバックパッカー宿のドミトリーで700フラン(日本円で1400円くらい!以前より値上がりしているよう)ですので、アジアほど気軽に来れるわけではなさそうです。

アフリカというと、危険なイメージがありましたが、全ての国や地域が危険なわけではなく、きちんと場所を選んでいけば安全に十分に楽しめるのではないかと思います。セネガルに関していえば、世界遺産のサンルイ、首都のダカールは安全に旅ができると思います。

FXは結局メンタル勝負

はいみなさんこんにちは、プチ世界一周して、専らFXで収入を得ている、まるこめです。

んで、FXって一般的に”リスクが高い”っていうことで有名だとは思うんですが、やってて思うことは、本当に簡単に稼ぐことができてしまうんですよね。

それで掛け金(元手、資本金)が大きければリターンが多くなるので、やっているうちに、もっとと欲が出て、掛け金を増やしたくなるんですよね。

現に私は100万の元手で、一回だけ50万を別資金からFXに移してしまったことがあります。これは本当にやってはいけないのですが、何しろそういうことを注意してくれる上司もいませんから、自分で自分を制御しなければなりません。

これができなければFXは絶対にやってはいけない。

巷ではFXの本が溢れているが、結局一番大切なことはメンタルコントロールです。自分との戦いです。テクニックは二の次です。

 

セネガルでスリに遭いました

って書くと、セネガルが非常に危険な国なようですが、それほど危険な国ではありません。私の無用心さがたたっただけです。

混んでるバスで降りるバス停を通り過ぎたために、人々の間をすり抜け、パスを降りたら、財布がなくなっていた!

エストポーチが開けっ放しでかつ財布が恐らく少し出ていた。これはスリビギナーでも簡単に実行することができたのではないかと思います。。。

 

まあそんなこんなでセネガルに行ってきたわけなんですが、感想としては結構楽しめたのかなと思いました。

なんせ行く前は、セネガル??サッカー??みたいな感じで全くと言っていいほどイメージが湧いていなかったです。

都市部しか行っていないのですが、想像よりも発展していて、人々は結構おしゃれです。色使いの派手な服をきて、肌が黒いので映えます。

モロッコはノマド天国

はい、今私はモロッコのアガディールという場所にいます。

それで、モロッコは他の国には例を見ないほど、ノマド民にとって天国です。

なぜなら、

 

1、カフェが腐る程ある。

2、スペインが隣だから?カフェがそこそこおしゃれである。

3、wifi・電源を繋げられることが多い。

4、長居しても白い目で見られない。

5、物価も安い 

 

からです。

多分他の国と比較しても、これほどノマド民に恵まれている環境はないのではないでしょうか。地元の人にちゃんとカフェ文化が浸透していて、イスラム圏なので酒場はなく、カフェが人々の交流場所となっているようです。

なので、休みの日はめちゃくちゃ賑わいます。いいおっさんたちがカードゲームしています。基本的に女性はいません。だから、安めのカフェとかだと女一人でいると絡まれます。そして、フランス語で話しかけられるから何言っているか、分からん!適当にかわします。。。

Is it really small money?

はい、最初に一応断りを入れておくと、表題の正しい英語はIs it really litte money?です。

それで何が言いたいかっていうと、後進国で旅行すると、お金に超ルーズ。1ポンドぐらいだからいいや、とならずにちゃんと請求しましょう。

エジプトの空港で49ポンドのサンドイッチを買ったときのこと。普段は10ポンドとか。なんと、お釣りが返ってこなかったのです。It's small money!って。

またエジプトでサービス料が取られる、高めのレストランでも0.5ポンド(約3円)のお釣りが返ってこない。It's small money!って

エジプトだけでなく、ネパールでも空港で両替してもらったとき、ちゃんと領収書をもらおうとしたら、It's small money!って。

確かに安めのカフェに入ったとき、小銭がなかった時に、2ポンドあたり払わなかったことがありますが、本当に適当すぎる。そんなんだから、経済的に発展しないのでは?とか思ってしまいますが、まあその国にきておいて、自国の常識を押し付けたくはありませんが、足りないもんは、足りないので私は構わず請求してしまいます。

 

カサブランカ からダクラへのルート

はい、私は今モロッコの中都市のアガディールにいます。

カサブランカ からマラケシュへは特急の電車があるようなのですが、マラケシュ以南からはバスのようです。

watarigarasu.net

 

結構最近のブログだったんで、あんまり変わってないと思ってたんですけど、色々状況が異なっていました。

まず、マラケシュからダクラへの直通バスが存在します。

 

マラケシュからダクラへの直通バスが存在します。

大事なことなので2度言いました。私その途中の都市のアガディールってとこで現在足止め食らってブログ書いてます。

ダクラ行きへのバスは、マラケシュからでもアガディールからでもどちらからでもすぐに満席となってしまうようなので、注意が必要です。

マラケシュからダクラ行きへのバスは、15時と21時30の一日2本が存在しているようでした。ただ、電車に合わせて出発するためか、21時30のバスは22時30くらいに出発していました。

ちなみに23時発アガディール行きは定刻通りでした。(恐らく電車を待つ必要がなかったためか。)

昨日からシャワーを浴びていないため、眠気と不潔と現在闘っておりますw

フナ市場は最悪

ロッコマラケシュで有名な、フナ市場に行ってきました。行ったら客引きがすごいし、他のブログでおすすめだった、31番の屋台で30ディルハムもするソーセージを食べたら不味くて、合計で55ディルハムも請求されました!(654円!)

他のお店は5本の焼き鳥30ディルムとかあったのに、そっちにすればよかった。つか、40ぐらいに値引きくればよかった。

帰りに行きに同じ若者に客引きされ、なんか腕とか触ってきたので、fuck off, fuck offって言って人が集まるぐらいに騒いでソッコーで帰ってきました。

女一人旅していると性格がブスになりますね。。。