友達がいない

タイトル通り、私は友達がいません。というかいりません。

世間一般的にいうと、友達がいない人=社会性のない人などと、マイナスに受け取られがちですが、友達のいないということがどれだけ快適か。

というか、友達はそもそも何かということから始めてしまうと、一日が終わってしまいますので、友達がいないデメリットを話しておこうと思います。

デメリットは、自分が困った時、頼れる人がいない、寂しい時に話を聞いてくれる人がいないことでしょうか。そうです。困った時に頼れる人がいない可能性が高くなるといことです。ただ私の場合は実家暮らしですし、結婚していたりすると、友達の代わりに旦那や親が代わりになってくれる場合もあるでしょう。

やはり一人暮らしをしていると、友達は必要となってきそうです。彼氏に依存するのも危険ですし。

JavaScript のオブジェクトは参照渡しで代入される

参考

http://monopocket.jp/blog/javascript/2130/

 

数値や文字列は代入時に値渡されるため、代入先の値が変更されても代入元の値は変更されない。

var value1 = 1;
var value2 = value1;
// value2 を変更する
value2 = 2;
console.log(value1); // 出力: 1 (中身は変更されない)
console.log(value2); // 出力: 2

オブジェクト(配列も含む)の場合には、代入時に参照渡しされるため、
代入先のオブジェクトが変更されると、オリジナルのオブジェクトも変更されてしまう。
var object1 = {a: true, b: false};
var object2 = object1;
// object2 を変更する
object2.c = true;
console.log(object2); // 出力: {a: true, b: false, c: true} (中身が変更された)
console.log(object1); // 出力: {a: true, b: false, c: true}
これ基本らしいけども、、、そうなの????

オブジェクトのコピー – JavaScript

var object1 = {a: true, b: false};
var object2 = $.extend(true, {}, object1);
// object2 を変更する
object2.c = true;
console.log(object1); // 出力: {a: true, b: false} (中身は変更されない)
console.log(object2); // 出力: {a: true, b: false, c: true}

配列のコピー – JavaScript

var array1 = [1 , 2, 3];
var array2 = $.extend(true, [], array1);
// array2 を変更する
array2.push(4);
console.log(array1); // 出力: [1, 2, 3] (中身は変更されない)
console.log(array2); // 出力: [1, 2, 3, 4]



インクリメント

  1. var x = 0;
  2.  
  3. ++x;
  4. console.log(x); // これは1
  1. var x; // 変数宣言したのみ
  2.  
  3. ++x; // 変数『x』の中身が数値じゃないので1が足せない
  4. console.log(x);

パラメータ、引き数

パラメータ、引き数とかわかんねよって思って勉強中

wp-p.info

  1. function addition(x){
  2. var y;
  3. y = x + 1;
  4. console.log(y);
  5. }
  6.   //xに10を代入
  7. addition(10);  //11

んー、正しい解釈じゃない気がするけど、xは代入値と考えたら納得がいっただきがしました。

クリックイベント 取得

www.hp-stylelink.com

イベントタイプの取得

1
var eventType = event.type;

クリック位置の取得

1
2
3
4
5
/*x座標の取得*/
var eventX = event.x;
 
/*y座標の取得*/
var eventY = event.y;

DOM要素の取得

1
var eventDOM = event.target;

子要素/親要素の取得

1
2
3
4
5
/*子要素の取得*/
var eventChild = event.target.childNodes;
 
/*親要素の取得*/
var eventParent = event.target.parentNodes;

ID名の取得

1
var eventID = event.target.id;

クラス名の取得

1
var eventClass = event.target.className;

HTML要素の取得

1
var eventHTML = event.target.innerHTML;

最初/最後の子要素の取得

1
2
3
4
5
/*最初の子要素の取得*/
var eventFirstChild = event.target.firstChild;
 
/*最後の子要素の取得*/
var eventLastChild = event.target.lastChild;

次の要素の取得

1
var eventNext = event.target.nextElementSibling;

要素の高さ/幅の取得

1
2
3
4
5
/*要素の高さ取得*/
var eventHeight = event.target.offsetHeight;
 
/*要素の幅取得*/
var eventWidth = event.target.offsetWidth;

要素のスタイルの取得

1
var eventStyle = event.target.style;

var の認識

初心者だとvarってラベルとか箱とかの認識だと思うけど、プロの人的には、取得したいものを受け取る時に使うって認識(もある)みたい。

www.hp-stylelink.com

イベントタイプの取得

1
var eventType = event.type;

クリック位置の取得

1
2
3
4
5
/*x座標の取得*/
var eventX = event.x;
 
/*y座標の取得*/
var eventY = event.y;

jQueryでクリックされた要素が何番目か取得する

qiita.com

<ul>
  <li class="some-item">hoge</li>
  <li class="some-item">foo</li>
  <li class="some-item">bar</li>
</ul>
$('li.some-item').on('click', function(){
  var index = $('li.some-item').index(this);

  console.log(index + 'th item clicked!');
});