ミニマルリスト デメリット

タイトル通り、ミニマルリストのデメリットをここで述べたいと思います。

 

ミニマルリスト、今流行ってますよね。簡単に言うと、断捨離ですかね。最低限(ミニマル)のもので生活する人のことですが、これって本当にいいことづくしなんでしょうか。

 

最近テレビをあまり見なくなって、テレビで紹介されているかは不明ですが、紙媒体ではよく紹介されているものだと思います。そこではメリットばかり取り上げられがちですが、ここではデメッリトに関して考えたいと思います。

 

最低限のもので完結させようと思うと、備えのものは一切入らなくなり、断捨離の対象となりますが、いざそういえばあれを昔買ったから使おうというのは一切なくなります。従いまして、まれに必要なものはその都度買うはめになります。

 

ですので、地方に住んでいて土地やスペースがある方は実は向いていないんではないかと考えます。もちろん、都会は狭い場所でも高い使用料を支払わなければなりませんので、まれに必要なものを買うお金が場所代に置き換えることができます。

 

ですので、都会に住んでいる場合は、もしかしたら思い切って捨てた方がメリットがありと考えますが、逆に地方に住んでいて、スペースに余裕があるのであれば捨てるのは少しもったいない気がします。

 

ここまでデメリットに関して書きましたが、筆者はミニマルリストを基本的に目指しています。単純に物が少ないということは、掃除が楽、管理が楽、考える手間が省ける(時もある)と生活が効率化されて行きます。一見良さそうですが、同時に’生活を楽しむ’ということが抜け落ちるような気がします。今はビジネスに集中したい、生活に関して一切悩みたくないという方には向いている気がしますが、人生を楽しみたいという方には少し向いていないのではないかというのが私見です。