web デザイナーを目指す人へ

私の本業はウェブデザイナーですが、なりたい人のために事前に知っておいた方がいいことをここに記したいと思います。

 

まず、あなたがいくつかにもよりますが、ウェブの事をあまり知らなくても20代なら就職口はいくらでもあります。”習うより慣れよ”この記事を読んだら早速就職活動を始めてください。できればウェブの勉強と並行して。

で、就職先なんですが、絶対に正社員にこだわらないこと。正社員にこだわると、大抵派遣エンジニアとして派遣先企業では下請け社員として扱われます。会社にもよると思いますが、派遣先社員から見下されるような印象を受けるかと思います。

派遣先社員がエンジニア集団だったら問題ないんですけど、逆に全く技術的なことが分かりませんって人が意外と多い。なのに見下されてるってなんか不遇。

だったらどういうところがいいかというと、アルバイト等で会社に直接雇ってもらう方法。もちろん待遇面の確認が大事ですが。

 

と言いますと、この業界で技術的にレベルが高い人って実はフリーランスでどこの会社に所属もしていないって人が多い。それでも安定性を求めて会社に所属している人もいるけど、そうなるには、それなりの経験が必要になります。

 

で、手っ取り早く給料あげたいって人は企業の直の契約社員になること。派遣エンジニアの場合、所属の会社及び仲介会社からマージンという、お金が毎月搾取されるシステムになっている。(これはSESと呼ばれる雇用システム)

 

ここまでずらずら書きましたが、未経験で30代とかだったらSESぐらいしか就職口がないと思いますが、逆に言えば就職口があるので、それを逆手にとって頃合いを見て転職あるいはフリーランスになるのが無難と言えるでしょう。