ニコニコ動画が一般的に受けない理由

最近はもっぱら与沢翼youtubeばかり聞いているのですが、少し前までは西村ひろゆき氏(2ちゃん創設者)のyoutubeばかり聞いていました。

そんで、彼はニコニコ動画の外部顧問?みたいなポジションでよく話にも出てきたのですが、ニコ動は現状アメバTVにも負けているし、livemeって言う新しいライブ配信アプリも出てきてしまっていて、やっていることは先進的なのになぜか一般的さほど広がりを見せていない。なぜだろうか

それはあまりにもオタク的要素が強いイメージが定着してしまっていることだと思う。オタクというのは一般的にネガティブなイメージが付きまとい、アニメだとか、アイドルだとか、例えファンであってもあまり表だって言えないイメージがあると思う。

あと、pcファーストであることもあると思う。モバイルで配信できるかどうかは知らないが、pc一強の時に立ち上げたせいか、あまりモバイルで使うイメージがない。

あと、コメントもうるさい。もちろん消せるのも知っているが、表示させた時はあまりにもうるさい。差が激しいというか、極端すぎるのもあると思う。

有料会員で収益はそれなりにあるだろうが、コアなファンに特化しただけではなんだかもったいないようなような気がするという独り言です。