js split関数の使い方

分割したい文字列.split(["区切り文字"[, 分割する最大数]])

区切り文字」には、文字列、正規表現を指定することができます。「区切り文字」を省略した場合には、「分割したい文字列」がそのまま配列として返されます。

「分割する最大数」を指定した場合には、指定した個数まで元の文字列を分割して結果を返します。1以上の整数を指定することができます。「分割する最大数」を省略した場合、分割した結果の全部の文字列が配列に返されます。

例1

javascript.g.hatena.ne.jp

<html>
<script language=javascript>
function getText() {
	var input_text = document.getElementById('input_text').value;
	arr = input_text.split(/\r\n|\r|\n/);
	for (i = 0; i < arr.length; i++) {
		alert(arr[i]);
	}

}
</script>
<body>
<textarea id=input_text>
</textarea>
<br>
<input type=button value="button" onclick="getText()">
</body>
</html>

 

例2

www.ajaxtower.jp

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>JavaScript テスト</title>
</head>
<body>

<script type="text/javascript" >
var str = "山田一郎, 20, 東京都";
var data = str.split(",");

document.write("私の名前は"+ data[0] + "です。年齢は" + data[1]
+ "です。出身地は" + data[2] + "です");
</script>

</body>
</html>

参考

akinov.hatenablog.com